MENU

銀行のカードローンと一般的な審査

私が利用したカードローンは消費者金融のものではなく、借入金額も多くしやすい銀行のカードローンでした。審査には収入証明書、運転免許証、印鑑が必要でしたが、私の場合は利用したい金額が100万円未満だったので、収入証明書も必要なく審査ができました。保証人も必要ないサービスだったのは銀行のサービスの割には安心しました。

 

保証会社が大手の消費者金融と同じ名前の会社で、機関保証を受けながら利用するような形になりました。審査は非常に早く、ネットで申し込みしながら次の日には本審査に入ったと連絡が来て、審査結果は2日後に届きました。もっと時間がかかるものかと思っていましたが、それまで公共料金の支払いでの問題や他行での借り入れが一切なかったので、それらの状況の良さも影響したのだと思われます。

 

人生で最初の借金でしたが、スムーズに利用できたので借金に対する不信感などもあまり残らずに利用できました。銀行のサービスだったので、金利もあまり高くはなく、他のものと比べれば安全に返済できました。金利が借金ではかなり危ないと聞いていたので、特に注意していました。返済も、毎月自分で振り込んでいけばよいだけだったので、しっかり利用することができました。

 

金利などを自分で計算することもなく、まとまった金額を返していけばよかったので手間も少なく利用しやすいものでした。若いうちは借り入れもしにくいと思いましたが、むしろ信用情報に問題がないと審査にも通りやすいようでした。審査に通りやすい条件もチェックしながらカードローンなどを利用するとより効率的です。

 

銀行のカードローンも審査の仕組みなどはあまり他のサービスと変わりないですが、同様に借り入れしたい金額が低ければ審査は多少甘くなります。収入が少ない場合は特に利用限度額が収入に見合ったものであれば審査に通過できる可能性も高まります。消費者金融のキャッシングともあまり変わりはないですが、収入はかなりしっかりとチェックされます。

 

30万円くらいのカードローンなどは審査があまり厳しくはないですが、借入金額が多くなるにつれて審査も厳しくなっていき、収入証明書も必要になるので十分注意しておきましょう。

 

カードローンの審査では、主に収入、返済能力、過去の借金履歴、信用がチェックされます。返済する力があるかどうかを総合的に判断するので、銀行によっては借り入れできるところと借り入れできないところも出てきます。それぞれの判断によって借り入れができるかどうか結果が変わってくるので、信用情報は特にしっかり管理しておきましょう。

 

公共料金や携帯電話の支払いをしっかりしておけば収入が多少少なめでも十分な限度額のサービスが利用できることもあります。それらの判断は銀行ごとの担当者が決めることなので、個人でできることはあまり多くはありません。日頃の生活をしっかりし、金銭管理も気を付けておけば審査で困ることもまずないです。

 

100万円以下の借入では収入証明書は必要ないことが多いです。収入が十分ある場合には、収入証明書を提出することで借入できる金額も増やせますが、利用限度額はその書類を出したからと言って必ず高く設定してもらえるわけではありません。

 

銀行によっては始めて利用する場合には最大でも50万円の限度額までしか設定されないサービスもあり、信用が向上していくと100万円や200万円といった金額の借入が許されるようになることもあります。収入証明書はもちろんあったほうが良いですが、なくても少額融資は受けられるので工夫して活用するようにしましょう。

 

50万円くらいの利用限度額でよい場合には、収入証明書も保証人も必要なく、個人で十分借入できてしまいます。信用情報さえしっかりと守れていれば銀行からの借入で難しいことはあまりないです。

お役立ちサイト

  • 事業者ローン

    人気の事業者向けローンを取り上げながら、賢い資金調達の方法について検証しています。

  •  

  • 低金利 カードローン

    低金利のカードローンを申し込む際にチェックするべきポイントや体験談などをご紹介。